ズボラ主夫の簡単レシピ(38):胃腸にやさしい中華丼

スタミナお粥が終わり、昨日の晩ご飯で、次に消化の良い惣菜をと考えた末、油と肉を使わない中華丼を作りました。

油は、香り付けごま油だけ!

【レシピ】(5人前くらい)

ごま油 : 大さじ1
ピーマン: 大2個 (半分にして1cm幅に切る)
玉ねぎ : 小1個 (カレー切り)
大根  : 4cmくらい(いちょう切り)==>レンチン
人参  : 彩りに少々 (いちょう切り)==>レンチン
生姜  : 1かけ(みじん切り)==>入れ忘れた

☆調味料
黒コショウ   : 少々。
鶏がらスープの素: 大さじ1
ウェイパー   : 大さじ1
オイスターソース: 少々
片栗粉     : 大さじ2
水       : 500cc

【作り方】

1.中華鍋にごま油をしき、ピーマンとタマネギを炒める
2.だいたい火が通ったら、大根と人参に加えて炒める
3.具材の全部に火が通ったら、調味料を加えて炒め
4.水400cc入れて少し煮込む
5.水100ccの水溶き片栗粉を加えしっかり混ぜ混ぜ
6.5分くらい煮込んだら出来上がり。

肉を入れなかったけど、美味しく出来上がりました。

今朝、長男がこの中華丼を食べて、コショーが辛い!

と言ってた。

しかし、私は黒コショーの香りと味が大好きだから、これは作る人の特権だよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする