カセットテープデッキK-185修理(4):Oh, my god! なおったと思ったのに、またエラー発生!==>修理完璧!

修理完了して、DVD/SACDプレーヤーの下にカセットテープデッキK-185をセッティングして聴いていたときは良かったのだが、停止して巻き戻ししたら、また次の現象が再発してしまった。

2.巻き戻し完了し、待機状態で止まるはずが、引っ掛かって「エラー」表示になる

LEDは、エラー点滅状態で、パワーOFFすらできない!

やはり平ゴムベルトテンションが足りなかったのだろう? たぶん。

内径がひとサイズ小さい平ゴムベルト(内径60mm)も同時に購入していたので、それに交換して様子を見てみよう!

また分解しないとな、、、

**************************************************************

明日は、看守が自宅へ戻ってくる日なので、頑張って今日中に、交換作業にかかった。

またまた分解して、平ベルトのテンションを確認すると、ゆるゆる!

これじゃあ!

滑るは!

しっかりとテンションかけないと、ダメなんだね!

K-185 復活!

良い音を 鳴らしてる!

ゴムベルトは、内径が10~12mmくらい小さい物を使って、しっかりテンションかけないと滑るし、動作も安定しなくなるんですね!

失敗は、成功の素!

2Fで使ってる、Panasonic ポータブルCDプレーヤーの調子が良くないのも、ゴムベルトが伸びてるのが原因かもしれませんね。。。

近いうちに、Panasonic ポータブルCDプレーヤーも、バラシてみようかな?