DIYメンテ(2):生き返ったプリウスα(バッテリー交換完了)

先日注文した、プリウスαのバッテリー交換用品たち

一昨日夜、早速バッテリー以外のツールが到着。

バッテリーチェッカー

ただの電圧表示計だけど、シンプル is Best!

メモリーバックアップ
(1.5v電池×6本=9vだけど、バックアップするには十分

さて本日バッテリーが到着。

バッテリーチェッカーの動作と新品バッテリーの品質を確認。

新品バッテリーで『FULL』緑ランプ点灯

メモリーバックアップの電圧も、ついでに確認。

メモリーバックアップは9vなので『LOW』赤色ランプ点灯

準備完了したので、これからバッテリー交換作業を始めます。

プラス『+』側端子に絶縁カバーがかぶせられていました。

カバーを外して、現状の古バッテリーの電圧を確認。

古バッテリー『MID』オレンジ色ランプ点灯

古バッテリーは、かなり電圧が下がっていました。

メモリーバックアップの端子を、プラスとマイナスのケーブル端子の根元に接続(クリップに挟んで)し、ボルトとナットを緩めて、古バッテリーを外し、新品バッテリーを設置し、端子を取り付け、

新品バッテリーがちゃんと機能しているか、バッテリーチェッカーで確認。

新品バッテリーはしっかり機能、『FULL』緑ランプ点灯

液漏れチューブの差し替え、ボルトとナットを締めて、交換作業は完了。

クルマのパワーONして、メモリーや設定がキープされてるか確認。

ナビの足跡(走行履歴)が表示され、メモリーバックアップ確認完了

無事にハイブリッドカーのバッテリー交換作業が完了した。

2万円以上の経費が節約できたぞ!

古バッテリーは、オートバックスに無料で引き取ってもらい、専門業者にわたり、リサイクルされることになるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする