『アルツハイマー病 真実と終焉』を解説(7):太陽にあたるとできるビタミンDは、脳のシナプス創造を支える遺伝子を活性化する!

第7章 コグノスコピー(認知機能検査)まずは状況を知ろう』に書かれている、アルツハイマー病の詳細メカニズムを、検査項目からひも解いて解説していきます。

ビタミンD3:遺伝子のスイッチをオンにする(P.190)

ビタミンD活性の減少は、認知機能低下に関連している。ビタミンDはWiFiシグナルのように、血液と組織を通じて移動し、細胞に入る。一度中に入ると、ビタミンDは、まさにそのものずばりビタミンD受容体VDR)という名前の受容体に結合し、VDRビタミンDを(DNAを包む)核に入れ900以上の遺伝子のスイッチをオンにする

その遺伝子には、骨代謝に影響するもの、腫瘍の形成を抑制するもの、炎症を減少させるもの、そしてリコード法にとても重要な脳のシナプス生成と維持に不可欠なものもある。

そのため、これらの遺伝子と、その遺伝子を活性化するビタミンDは、シナプス創造/破壊バランスにおいて、シナプスを支える側を維持するためには、不可欠である。ビタミンDが足りないと、適切な遺伝子が正しく活性化されない。

私たちが太陽にあたると、7デヒドロコレステロールというコレステロール分子が、不活性型ビタミンDに変換され、それがその後、活性型に変換される。