『アルツハイマー病 真実と終焉』を解説(1):この本について

日テレ系の番組『世界一受けたい授業』に、この本の著者が出演して、大反響となったのだ。

 

私もこの番組を観ており、この本を買って読んでみた。

というか、読んでる途中と言った方が正しいかな。

専門用語がたくさん出てくるため、一般人が読み進めるのは結構 難しいと感じる。

私自身、うつ病と脳梗塞をわずらい、認知症予備軍なのだ。

母は、脳梗塞を患い認知症が出始め、治療により進行は停滞中なのだ。

解説なんて、偉そうなものではなく、『実践に向けた読解メモ』と言った方がいいかな?

記事投稿後も、理解た進むにつれ、過去の記事(メモ)を見直し修正していこうと思う。

「アルツハイマー病」は、36個の原因(メカニズム)により現れる症状なのだという。

例えると家の屋根大小36個の穴が開いた状態で、穴を1~3個塞いでも効果は表れない。

穴のサイズを明らかにして、大きい穴から順番に塞いでいくことで、治療の効果が表れてくるのだ。

本には、専門用語をまじえて、理論的に理路整然と解説しているが、一般人には全部を読み終えて理解する前に、息切れしてしまいがちである。

一般人が知りたいことは、

1.手っ取り早く、応急処置として何をすればいいの?
2.もう一歩進んだ治療は法は?
3.100%に近い治療は、どうするの?

ということだと思う。

この本を読んで勉強しながら記事投稿するので、知りたい記事への到達に時間がかかると思われるけど、ご容赦願いたい。

頑張りま~す。

【追記 2019.8.20】

本の解説と言ってますが、主に書き写すことが多くなっています。
解りやすく記述されているので、表現をそのまま用いています。
私のような一般人がこの本を読んでいると、専門用語が多数出てくるので、読み進むのに時間がかかり、何度も読み返さないと先に読んだことを忘れてしまいます。
各記事は、自分のノート代わりでもあり、重要なポイントを絞ることで理解を深めることができると考えています。できる限り早く正確に理解して、その知識を、母の認知機能低下を改善するのに、役立てたいと思っています。