カセットテープデッキK-185修理(3):新品平ゴムベルト到着、修理完了!

待ちに待った新品平ゴムベルト(内径72mmと60mmの2種類)が到着!

とりあえず内径72mmの新品平ゴムベルトに交換して、問題が改善されなければ内径60mmの方に変えてみようと考えていた。

実は写真の袋の中の平ゴムは交換後の古いベルト
(外観は同じでも柔軟性が全然違う)

早速、ベルト交換し、巻き戻しが完了した時にスタンバイになる動作も問題なく機能したぞ!

平ゴムベルト交換の際、駆動ユニットにモーターがネジ止めされており、そのままではベルトを交換できないのだ。モーターの固定ネジを1本外し、もう1本のネジを緩めて、隙間ができたところで平ゴムを通す必要があり、難易度は高くないが、修理作業に慣れてない人には要注意点としておさえておくべきところだね。

しっかり動作している!

LEDランプのレンズが全て外れてしまってる

LEDのレンズをフロントベゼルにG17ボンドで接着

完成!

しかし、1点気になるところがある。

テープデッキに駆動部分のノイズ「ゴワゴワゴワ・・・」、これはしょうがないか?

取説をダウンロードしようと検索していたら、アナログ音源ブームの影響なのか、中古の兄弟製品が高値で取引されていた。

ONKYO K-185-S