DIYメンテ(6):プリウスα(ZVW40) 室内灯をLED化

今日も、ひと仕事終わらせたぜ!

プリウスα 室内灯をLED化せよ!

昨年の秋、2020年10月末に、娘のアパートで自転車のパンク修理していた時、その間プリウスαのハザードランプを1~2時間点灯させいたら、ヘタっていた補助バッテリーが逝きかけてしまった。

DIYメンテ(1):プリウスα(ZVW40)バッテリー交換

その時強く思ったのは、『白熱ランプをLEDにせねばならん!』とね。

先日、切れたポジションランプをLEDに交換する際、やり方をググっていたら偶然見つけた『LEDルームランプ取り付け』Youtube動画を観たら、自分もやりたくなってしまった。

DIYメンテ(4):プリウスα ポジションランプをLED化

そして、早速ポチりました。

商品は到着したのだが、取説など何も入っておらず、Youtube動画を観て復習し、室内灯の交換作業を始めた。

ページの先頭へ

おやじの頭は、鳥頭!

壊さないように慎重に作業をしていたのだが、作業を終えてみたら、次のLEDランプが残ってしまった。

困った!

これらは汎用性が無いLEDランプ。

つまり、俺は適材適所にランプを付けていなかったという訳だ。

確認のため、Youtube動画を観て、再復習してみたら、これらはバニティランプ(バイザーを下すと現れる顔を照らす照明)とドアランプだった。

そして、再び付け替えることになりました。

Amazonの商品説明に、写真が載っていました。

ページの先頭へ

フロントルームランプ交換

ページの先頭へ

センタールームランプ交換

ページの先頭へ

バニティランプ交換

ページの先頭へ

ドア足元ランプ交換

ページの先頭へ

ラゲッジランプ交換

作業途中の写真を撮り忘れていた。

明るいの~❣

夜になって、記事を投稿する前に、LED室内灯の明るさを確認してきた。

まるで自宅のリビングのような明るさだったぞ。

年寄りにとっては、明るい方が良いのだが、子供たちにとっては、眩しいくらいだ。

高速走行中に、ルームライトをつけられたら、前方が見えづらくならんかの?

逆に心配になってきた。

あまりの明るさに、うろたえるオヤジであった!

ページの先頭へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SCHWANDT279 より:

    Thank you!!1