激安エレキギター改造(2):ストリングワインダーが午前中に到着し、急ピンチで突貫工事

ストリングワインダーが午前中に到着しました。

昼食のパンとカフェラテを食べた後、急ピンチで突貫工事を始めました。

その結果はこちら

カッコイイ、渋いでしょ!

ギターアンプにシールドケーブルをつないで、電源ON、

ボリュームUP、ジャラーン、アンプからギターが鳴りません。

弦の響く音のみです。

しかし、これは想定内

おNewの「PU付き黒ピックガード」は、半田付けが雑!

PUセレクター(5ウェイスイッチ)の配線が何かへん!

Legend標準の配線と比較しても、やっぱり違う

Legend 標準PUセレクター

PU付き黒ピックガードに装着されてた PUセレクター

端っこの2番端子が1番端子の方に曲がって、半田がつながっていました。

ニッパーで切り離して、ラジオペンチで2番端子の向きを修正しました。

やっぱり100均と同じで、安い中国製品は、手直ししないとだめですね!

おまけに、新品なのにピックガードの角にキズ!

後日、ゆっくり、テスターと半田コデで、配線を再構築します。

ちなみに、本日の突貫工事の内容は、以下の通りです。

①指板清掃
②PUカバー塗装 2セット
③銅箔テープでノイズ防止対策
④モノラルジャックをステレオジャックに交換
⑤ジャック用ケーブルを捻じりました
⑥PU付きピックバード交換
⑦うっかり弦を全部取り外してしまって、張り直し

詳細は、

②PUカバーは、取り換えるつもりだったのですが

せっかく白のカバー3個をアクリルスプレーで塗装したのに

なんとポールピースのピッチが異なっており交換できず

黒のPUカバーを白に塗装することになりました。

③銅箔テープは、もともと板状の物を12mm幅に切って使いました。

ノイズ対策に良いと思うのですが、本ではPUの底を銅箔でシールしてました。

④ステレオジャックは、接触が確実になり、音が良くなると

本に書かれていたので、秋月電子から通販で購入しました。

⑤ジャック用ケーブルは、ベルデンのスピーカーケーブルのように

らせん状に捻じりました。やはりノイズ対策です。

⑥PU付きピックバード交換、最初の画像の通りですが

おNewの、丸皿ネジが、まだ配達されてないので

古ネジで3点留めに仮組しています。

この続きは、土曜日になります。

ちゃんとエレキらしい音が出るように、なってくれるかな?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする