マイブーム(71):スクーターの駆動系 調整のパラメーター

さて、スクーターの駆動系のパーツ変更を『調整のパラメーター』として、走行特性が一般的に変化する傾向をまとめました。

更に今後の愛車 PCX150 をグレードアップ(駆動系の改造)する方針についても、まとめてみました。

発注済のもの、購入予定検討中がありますが、乗ってみて満足できれば、変更しない可能性もあります。

クラッチセンタースプリングのバネレート


固 ==>加速UP =>発注済(キタコ(KITACO) 強化スプリング)
軟 ==>加速DOWN

 

クラッチシューのバネレート


固 ==>クラッチがミートする回転数UP、半クラッチの回転域が広くなる =>発注済
軟 ==>クラッチがミートする回転数DOWN、半クラッチの回転域が狭くなる

 

クラッチシューの重量


軽 ==>高回転寄りでミート、たぶん半クラ回転域広がる =>検討中(NCY軽量クラッチ)
重 ==>低回転寄りでミート、たぶん半クラ回転域が狭くなる

 

クラッチアウターの重量


軽 ==>加速時レスポンスUP、燃費UP =>交換時、購入予定(KN企画アウタークラッチ)
重 ==>加速時レスポンスDOWN、燃費DOWN

 

トルクカムの溝の形・角度(への字)


ドリブンフェイスの動作方向に対しする角度
・ 0°(平行)に近い ==>加速DOWN
・90°(直角)に近い ==>加速UP =>欲しい! 購入予定(KN企画トルクカム

 

ウェイトローラーの重量


軽 ==>加速UP高回転寄りで)、燃費DOWN、最高速DOWN)=>Dr.Pulleyを発注済
重 ==>加速DOWN(低回転寄り)、燃費UP最高速UP

 

消耗部品の交換時期に、コツコツとアップグレードして、安全で走りやすく、タンデムしても快適に走れるように、セッティングしようと思います。