マイブーム(87):ハンドル周りをもっと快適に!・・・&自転車ボスフリー(スプロケ)交換

PCX150では、ハンドル回りに ハンドル ブレース(バー)を付けて、アクセサリー満載(?)にしているのだが、この『バー』が細くてアクセサリーの固定が甘くなってしまう。(ゴムや革製のバンドを作って巻き付け、細さを補って固定している)

またバーの位置を調整できず、ペットボトル(ボトルゲージ)でフロントパネルが見えなくなるなど、不具合を調整できないでいた。

長男の自転車修理用 工具

話は変わるが、先日注文した長男自転車修理用パーツ『ボスフリー(スプロケット)を交換するには、手持ちの工具(いろいろセットで約4000円のうちの1つ)の『ボスフリー抜き』ではサイズが合わず、新たに『ボスフリー抜き』を入手しなければならないことが判明した。

その『ボスフリー抜き』が、Amaz○nでは合わせ買い商品となっており、購入金額が合計2000円以上にならないと498円で購入できないのだ。
そうでないと『シマノ(SHIMANO) TL-FW30 ボス抜き工具』1245円を買わされることになる。

そこで合わせ買いする商品を選出することとなり、その候補に挙がったのが、私のお買い物スーパーマシン(自転車)のリアディレイラー。こいつは25~35年の年代物で、中間ギアでペダルを逆回転させると、チェーンが逆走する動きにリアディレイラーが付いてこれなくなり、チェーンがリアのローギア側をうろちょろ遊んでしまい、選択された段数(ギア)で安定してくれないのだ。

それでも合計2000円に届かない。そこで次に目を付けたものが『自転車 ハンドルバー エクステンダー』1499円。これをPCX150ハンドルバーに付ければ、『アクセサリ類を今よりキレイに取り付けできるんでね?』と考えた訳だ。

添付されていた薄型スペーサーでは、クロームメッキのハンドルバーで滑ってしまうため、1mm厚のゴムシートに換えたら、厚さもちょうど良くしっかり滑り止めされました。

899円の方が600円も安くお買い得です。商品説明に「直径:3.3cm(31.8mmまたは25.4mmハンドルバー適用)ハンドルバー」とありますが、1mm~2mm厚のボムシートを滑り止めとして挟み込むと22mm径のバイクのハンドルバーにも取り付けられると思います。

もう商品到着!

恐るべきAmaz○n! この納品の早さ!

この記事を投稿する前に、発注してから24時間もかからずに、商品が到着した。

自転車 ハンドルバー エクステンダー 1499円

ボスフリー抜き Super B 498円

売れ筋No.1シマノ(SHIMANO) リアディレーラー
[RD-TY300] SGS 直付 6/7S ブラック ERDTY300D 1329円

さっそく修理完了

長男の自転車のボスフリー交換

お買い物スーパーマシンのリアディレイラー交換

PCX150のハンドルブレースをハンドルバーエクステンダーに交換