iPhone修理(4):iPhone SE、バッテリーが到着したので早速交換したよ!

予定納期より1日遅れて、Amazonに注文していたバッテリーが到着しました。

いかにも新品らしい箱と袋に入ってる

しわなど無いキレイな状態

コネクターの折り目も無いまさしく新品

早速、交換作業を始めました。

iPhone修理は何度も経験しているので余裕ぶっこいてたら、焦りました。

ライトニングジャックの両側の★型スクリューを外し、画面を透明テープの粘着力で引っ張りましたら力不足だったので、洗濯機の側面に付けているタオル掛けの吸盤を使ってみました。

いい感じ引っ付いています。iPhoneからはみ出すほどの大きさの吸盤です。結構iPhoneの画面は固くくっついています。もっと力を入れ、プッチンとケーブル(ホームボタンの)を固定している金具が吹っ飛んで、ケーブルも外れ、勢い余ってディスプレイケーブルをブチ切れそうになりました。冷や汗!

床に吹っ飛んだ金具もどうにか見つけ、ケーブルもちぎれてなさそうなので、安心しました。

やっぱり何事も慎重にやらないとダメですね!気を取り直して、分解・修理の記事を検索し、画像を確認しながら、その後の作業を進めました。

参考記事==>【iphone5】初心者でも簡単にバッテリー交換する方法!時間は10分

外したバッテリーは、以前修理したときにバッテリーを強引に外したため、変形させた痕がしわになっていました。

角の塗装がはがれ少し気体で膨らんでる

下半分がしわになってる

この古いバッテリーは、減少も早い代わりに、充電時間もめっぽう早かったのです。おそらく変形した部分が破損し、蓄電能力がなくなり、変形されてない部分だけに蓄電されていたのではないでしょうか?1624mAh充電できるものが、800mAhしか充電されない状態だったのかもしてません。

新しいバッテリーでは、充電には適切な時間がかかっているように感じます。

とりあえず一安心です。後ほど、Newバッテリーの消耗具合をレポートします。

【追記 2019/4/20】

iPhone SEのNewバッテリーは、1日しっかりと、長持ちします。5%、10%単位でガンガン消耗することはなくなりました。1500円でiPhone SEが生き返って、妻が言うには、「安い!」とのことです。ショップなどで交換すると高いそうです。アップルで交換すると5400円もするようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする