セカンドハウス(2):スイッチとコンセントを交換

駅近のセカンドハウスは、住宅公団の分譲住宅で築46年、スイッチやコンセントが昭和の古いものなので、玄関やリビングを現行モデルに変更することを考えています。

昭和時代のスイッチ

昭和時代のコンセント

玄関は「ほたるスイッチ」に、リビングは普通の角形に変えます。

参考記事

スイッチの所にコンセントを追加しました | kohacraftのblog

PS. ちなみに、以前から気になっていたのですが、ほたるスイッチ消費電力何W? 現在は LED全盛期、昔 常夜灯として使ってた小玉電球5Wの電力で、白熱電球60W相当の光量を出せる時代です。ググったらメーカーのサイトに記述がありました。

Panasonicのサイト

現在のLED小玉電球0.5W1/10以下なら、我慢できる範囲です。

安心しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする