iPhone修理(7):末っ子のバカが、iPhone5sを水没させやがった! やっとのこと復旧完了!

昨日、末っ子(小5)のバカが、iPhone5sを水没させやがった!

ケースにヒモを付けて渡してやったにもかかわらず、ヒモを外して、ポケットに入れたままトイレの洗面所で落として水没!

画面に縞模様が出てがチラついてて、「水に濡れちゃったら、ちょっとおかしいんだけど?」と言って持ってきた。

バカ野郎~!

「水をふき取ったんだけど?」

ふざけるな~!

画面のタッチパネルが反応しない!

電源がOFFにできない!

末っ子からiPhone5sをうばいとって、ケースから出して、風通しが良い胸ポケットに入れて操作厳禁にしておいた。

参考記事 ==> iPhone SE のロジックボードの交換 – iFixit リペアガイド

家に帰ってから分解、画面を外し、ロジックボードを取り出し、一晩乾燥!

それで今日の午後、もう乾燥できただろうと思い、分解の逆手順で慎重に組み立てはじめた。

ロジックボードをねじ止めし終わったところで、

ヤバイ!

リボンケーブルのコネクター1つを挟んだままネジ止めしちまった!
(本体とロジックボードの間に)

ネジ位置を間違えないよう、セロテープの上に同じ位置になるようネジを貼りつけながら、ロジックボードを再度外して、コネクターを挟まないよう慎重に再び組み上げ、画面ユニットも取り付けた。

そして電源ボタンを押して、反応なし。

充電ケーブルを刺して電源ONしたら、うっすら縞模様が残っているけど、パワーONできた。

しかし、画面のタッチパネルが反応しない!

だいたい見当はついていた。

画面ユニットの最初にはめ込んがコネクターのはまり具合が悪かったのだろう!

4か所止めのネジを外し、そのコネクターを見てみると、やはり予想通りだ。

再び画面ユニットを取り付けて、ホームボタンをポチっと、パスコード入力画面にいけた!

タッチパネルも正常に反応してくれた。

修理完了!

知ってる人はしってる。

iPhone水没時の鉄則は、「電源OFF! 操作厳禁!」なのだ。

そして末っ子には、防水ケースに入れてストラップを付けてiPhone5sを渡した。

この防水ケースは、以前、妻がiPhone5sを海没させた後に購入していたものだ。

防水ケースを買っておいてよかった!

末っ子に使わせることになるとは、予想していなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする