JBL Control1スピーカー修理(2):Control1 Xtreme の 自作エッジ作り

さて、Control1 Xtreme の 修理は、既に作業を始めてるのだが、6/27(木)から自作エッジ作りを始めたのだ。

振動板の直径86mm、エッジ幅10mmなのでエッジのロール部分の外周の直径106mm

以前に作った Control1 と比較すると2mmほど直径が小さいんだけど、ONKYO D-V7サイズが一致する。ラッキー!

両面テープの粘着力が弱まってるので、細かく切った両面テープを、古いテープの上に重ね貼り。

実はこの写真、エッジを作った後に撮影

1回目の液体ゴム塗り直後を写真を撮り和売れ、少し乾いたときの写真

扇風機で風を吹き付けたまま、買い物へ行ってきたら、完全に乾いた。

2回目の塗り直後は、液体ゴムは、はっきりとグレー色

3~4回これを繰り返して、エッジの内側と外側を円形にくり抜くのに、コンパスカッターを使ってみた。このコンパスカッターは、以前から持ってたんだけど、何故か?今まで頭に浮かばなかった。

エッジのロール部分を5mm幅を残して、内周直径76mm、外周直径116mmで、コンパスカッターで切り込みを入れたら、静かに不要部分を剥がして、最後にエッジを外周から静かに剥がしていくのだ。このあたりは、作業に夢中になってるので、写真を撮る心の余裕がない。

キレイに切り抜けた!

以前は、のりしろが何となく均等になるように、ハサミで切り取っていたのだ。

さすがコンパスカッターは、キレイに切れてるな!

エッジ2枚を2日がかりで、製作完了!