中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー(1):A-705FX2 vs SA-36A vs ELEGIANT

アンプを試聴しやすくするために、AVセレクター(入力4-出力1)を使い

入出力を逆に使うことを考えたのですが、正常とは思えないノイズがあり、

どこかでショートしていそうなポップノイズが発生するなど

アンプやスピーカーを破損しそうなので、RCA端子を差し替える原始的な方法に変えました。

今回の比較対象は、次の3機種のアンプです。

・ONKYO A-905FX2 (60W+60W) ヤフオク 4590円(送料込み)

・S.M.S.L SA-36A

・ELEGIANT Bluetooth AMP (50W+50W) Amazon 3086円(Sale)

0

いずれも3000円程度で購入しました。

上2つはヤフオク!、下はAmazonから購入

試聴結果は、

A-905FX2は、イコライザーをかけないでダイレクトで聴くと、

ライブ会場の雰囲気を感じるほど、立体感のある音です。

楽器の生演奏を聴いているように感じます。

SA-36Aは、高音から低音までフラットでクリアーな良い音ですが

ちょっと固い、立体感は感じません。

ELEGIANT Bluetooth Power AMPは、A-905FX2程ではないが、

そこそこ立体感とライブ会場の雰囲気を感じられます。

3000円とは思えない良い音です。

≪ ***【 中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー 】シリーズ *** ≫

中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー(6):まとめ
中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー(5):LP-2024A+ vs SA-36A Pro
中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー(4):SA-36A vs SA-36A Pro
中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー(3):SA-36A PRO逆位相
中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー(2):Lepy LP-2024A+ vs ELEGIANT
中華デジタルアンプ徹底比較&レビュー(1):A-705FX2 vs SA-36A vs ELEGIANT

関連記事 *****【 真空管プリアンプ徹底比較&レビュー 】シリーズ *****

*ブログランキングに参加してます。ポチっと!してもらえるとモチベーション上がります。*