デスクトップPCオーディオ(7):カセットテープのCD化、これ良いわ!

今のオヤジ世代の俺は、学生の頃から溜まっていたカセットテープが200本くらいあるかな。

中学生の頃は、LPレコードだった。それをカセットテープにダビングしていた。

カセットテープから、MD(Mini-Disk)に変わっていった。

現在は、iPhoneiPodなどの、音楽プレーヤーで、手軽に持ち歩けるようになった。

TSUTAYAなどの、レンタルショップで借りたCDは、パソコンでDiskコピーすることができるので、コピーをいつでも聴くことができる。

MDは全盛期が短かったため、あまり所有していないけど、カセットテープたくさんある。

また最近は、アナログブームなのか、stereo誌の付録には、Normal Positionカセットテープが付いたりしてる。

しかし、カセットテープ時代の末期には、Metal Positionのカセットテープ(メタルテープ)が安価に買えるようになり、けっこうメタルテープを持っているのだ。

音質にこだわれなければ、巷では『CASETTE TO MP3 COMVERTER』なるものがあるのだが、ローエンドとは言え、オーディオマニアを自称している俺は、音楽CDよりちょいと落ちる音質には変換したくないと思ってしまう。

思い出の曲が鮮やかに! カセットテープの音源をスマホにダビングする方法

本体のみでもテープ再生ができるプレイヤーでもあり、USBメモリーにカセットテープの音源をUSBメモリにMP3ファイル(ビットレートは128kbps)として「ダビング」できる機能もついた多機能テープレコーダー

Audacityの初心者講座で、Audacityを使えるようになった俺は、もう後戻りはできないのだ

時間と手間はかかるけど、きれいにCD化できるので、もうやめられない。

テープより、CDの方が使い勝手が良いからね!

iTunesにも取り込めるし。

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする