激安エレキギター改造(3):配線写真を見ながらギターが鳴らない原因究明

明日は、朝から病院、午後は末っ子をピアノへ

洗濯もしなければ!

ギター改造(修理)作業の時間がない!

今晩、早く寝て、明日早起きして、時間を捻出しようか?

配線写真を見ながら、ギターが鳴らない原因を探っていました。

見る限りでは、トーンコントロールができなくなっても、

アンプから音が出そうな配線になってます。

ステレオジャックの配線を間違えたかもしれません。

リングとスリーブをつなぐところを、リングとディップをつないだ可能性があります。

夕食準備のために、焦って作業していたので、可能性 大 です。

ジャックプレートを外すのは簡単だから、確認してみようかな?

<21:53 追記>

予想、的中!

リングとディップが、つながってました。

明日は、これを直して音は出るはず。

但し、配線がリアPUにトーンがかかるような配線になっている気がします。

とりあえず、音が出るようになったら、スイッチの動作状態をチェックします。

明日の少ない時間でも、修理できる見通しが立ちました。

早く寝よっと!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする