検索エンジンで上位にヒットされるWebサイトはどこが違うのか?

検索エンジンで上位にヒットされるWebサイトはどこが違うのか?

ソースコードなどを比較・調査して、対策を考えてみる過程のメモを掲載します。

4.ブログを作ったらまずブログランキングサイトに登録しよう

3.「短期的な検索順位の変動を見て気にしない」方がいいそうです!

==> 【SEO】検索上位に表示されるまでの期間 8つの事例

時間をかけてしっかりと作り込んだ記事であれば、はじめは検索圏外でも、長期的には上位表示されることが往々にしてあります。また、一度順位が下がったとしても、他の記事に勝るような内容であれば、最終的にはGoogleは正しく評価をしてくれるはずです。
と記述されていました。内容を具体化すると、①検索者が目的を達成できる ②興味ある記事を見つけられる(Webサイト内で迷うことなく) ③カテゴリー構成がきちんとしてる ④読みやすい文章、だと思います。ガンバリま~す!

2.コードを見ただけでは気付かない対策がありました。

==> 内部リンクです。

内部リンクを貼りつけるのはけっこう手間ですが、気長にコツコツと、「シリーズもの」に貼っていこうと思います。

1.<head>内の<title>の前に次のような「googletag.cmd.push(function() {………」というコードが記述されていました。上位にランクインさせるのに役立つものか?

<script>
googletag.cmd.push(function() {
googletag.defineSlot(‘/……
googletag.defineSlot(‘/……
……
googletag.defineSlot(‘/……
googletag.pubads().enableSingleRequest();
googletag.enableServices();
});
</script>
<title

==>Google サイト運営者タグの例

==>DoubleClick for PublishersでGoogle AdSenseを使う

どうやら広告のようです。ランキングには影響無さそうですので、今回は深寄りしないことにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする